top of page

井戸尻考古館~土器に描かれた死と再生を見つめて~

いどじりこうこかん

所在地:長野県諏訪郡富士見町境7053

TEL:0266(64)2044

開館時間:午前9時~午後5時

(最終入館は午後4時30分)

休館日:月曜日と祝日の翌日


富士見町にある井戸尻考古館


ここも日本遺産♪

星降る中部高地の縄文世界

数千年を遡る黒曜石鉱脈と縄文人に出会う旅


黒曜石の里まで

45,771歩

32.04㎞


前回の釈迦堂遺跡博物館より近づいた!

(館内は📷×マークがなければ撮影可)


ナウマンゾウの臼歯化石

でっかいな~

一生のうち5回もはえかわるそうな


始祖女神像

ずっと会いたかった!

ハートの柔らかいお顔

バンザイのポーズ

会えて嬉しい~


いっしょにバンザイしてみたよ


蛇を戴く土偶ー巳を戴く神子ー

頭に蛇を戴くメドゥーサを思わせる土偶

土偶としては珍しいようだ


小さな土偶たちも個性的


水煙渦巻文深鉢

とても美しい渦巻き模様

昭和47~51年の官製はがき(10円)は

この土器のデザインが用いられた


土鈴

縄文時代の楽器にも興味津々

この中には縄文時代の石が詰まってるのね

どんな音か聴いてみたい


土笛

笛もあったのね

これで打楽器と管楽器♪


竪穴住居

ロフトつきだぁ

ここで寝たら気持ちよさそう


こ、これは!


蛙文・みづち文大深鉢

2つのぎょろりおめめは蛙🐸だったのね


蛙はヒキガエルのイボイボと

月のクレーターが重ね合わさり

新月の死から復活し満月へと再生する

月の象徴と考えられたとのこと


蛙の背中の文様は女性器と重ね合わさり

生命を生み出す象徴に


みづち文深鉢

みづちは想像上の水棲生物

まだわからない部分も多いようで

ミステリアスで気になる生き物

龍のような存在であっただろうとも…


共同企画展 縄文いきものがたり

蛙や蛇やみづちなどの生き物

月が象徴する再生や不死

土偶の破壊と死と再生

命の循環を感じたひととき


縄文ZINEなどのブックレットもゲット

当分楽しめそう♪


今宵は十三夜

尖石温泉 縄文の湯につかりながら

縄文人の世界観に思いを馳せてみよう


『土偶界へようこそ 縄文の美の宇宙』

始祖女神像の紹介あり(p36-39)


これまでの縄文探訪記はこちらへ

0件のコメント

Commentaires


bottom of page