top of page

不動滝、仏岩、長窪城~マヤ文明のような階段をのぼると雄大な絶景が待っていた~


長和町を楽しむ一日

最初は不動滝へ

扉を開けていざ出発


不動滝看板前に駐車

滝壺の近くの小さな石造の不動明王が

「不動滝」の名前の由来だそう


長和町指定文化財

名勝 不動滝

厳寒期の結氷した滝も見事なよう


あと450mの道標

楽しみ!


謎の巨石登場

どうやら落ちてきた様子


巨岩が並ぶ地帯へ


岩が大きすぎて

カメラに収まらず


巨大モアイ!

人面岩!


白いクリーミーなきのこ発見


不動滝到着 光がきれい

「役の行者」が修行したと伝えられ

「行者の滝」の別名も


帰り道は花を楽しんで♪

オレンジが鮮やか

フシグロセンノウ


光沢がきれい

ツリフネソウ


不思議な魅力

クズ


形がかわいい

キツリフネ


蕾がおもしろい

タマアジサイ


お次は仏岩の石造宝篋印塔へ


車道からはこの看板が目印


ここはキノコがいっぱい

アカヤマドリかな?


巨岩が見えてきた!


「仏岩頂上」の案内板登場


ここは鎖!


そして梯子


登る登る


おお~!マヤ文明!

チチェン・イッツァ!


最後の梯子を登る

風がかなり強い


巨岩郡が広がる

中国の絶景のようだ


県宝 宝篋印塔(1311年、鎌倉時代)

長野県では年代の判る最古の宝篋印塔


四方を山に囲まれる絶景


羊羹食べてひとやすみ


風が強くて立てない~


何とか立つ


恐竜のような雲を眺める

さあ下山


帰り道

キノコ発見!


タマゴタケ


西洋では Amanita caesareoides

「皇帝のキノコ」


もう一度滝が見たくなり

再び不動滝へ


朝の滝と昼の滝

どちらも違う良さ


最後は長窪城でランチ

搦手口の石碑


〈長窪城の歴史〉

武田信玄の北信濃攻略の一拠点

武田氏滅亡後、真田昌幸の支配

上田城に武士を集めたので廃城


「長窪城跡 遊歩道」の案内板

ここから5分ほど


お昼はカップラーメン


おわり


0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page