top of page

明神ヶ岳~2023年元旦は「金時山越しの富士山」から~

みょうじんがたけ

標高:1169m

所在地:南足柄市、箱根町

登山口:金時見晴パーキング

コースタイム:140分


2023年元旦

初日の出をバックに明神ヶ岳へ


前日の金時山登山に引き続き

金時見晴パーキングからスタート

明神ヶ岳まで100分


霜がきれいだ


明神ヶ岳への分岐

90分の下に手書きで「~140分」💦


笹の登山道へ


金時山が見えてきた


富士山の頭もちょっぴりお目見え


左から大涌谷、仙石原、芦ノ湖

箱根の名所を一望


明神ヶ岳まで75分


植生がどんどん変わる

ジブリの森っぽいエリア


森を抜けると

富士山の頭がさらに出てきたよ


富士山と金時山で

キティちゃんみたいだ…


ボブスレーの坂をくだり


アリスの森でひとやすみ


明神ヶ岳まで40分


火打石岳(988m)

大昔から黒色の火打石を産出

縄文時代の石器にも使われたらしい

📒火打石岳(988m)案内板

少しずつ登っていくと


明神ヶ岳まで25分

手書きで「40」が気になる…


ぽっこり金時山の背後に

富士山がでっかくなってきたよ~


小鳥のさえずりが聴こえる

ジョウビタキだ♪


小鳥を追いかけて登りもすいすい


展望の良いところに出た

富士山の見え方がどんどん変わる


手に乗せてみた


空に続く稜線あるきの道


富士山さらにでっかく


雄大な山々をバックに


最後の分岐

明神ヶ岳まであと10分


また植生が変わった

不思議な尾根道をくぐりぬけたら


明神ヶ岳(1,169m)

着いたぁ~

📒明神ヶ岳(1,169m)案内板

山頂の標柱にて


宮城野への道は

日本武尊の東征の道らしい

ぜひ行ってみたい


明神ヶ岳から見る「金時山越しの富士山」

富士山がある風景100選


📒明神ヶ岳から見る「金時山越しの富士山」

📒金時山(明神ヶ岳より130分)

📒箱根外輪山

金時山越しの富士山

とても美しい


いざ下山


ボブスレーの坂ふたたび


行きにけっこう下ったので

帰りは上りが多い ひぇ~


笹の道まで戻った


最初の分岐

140分に軍配(笑)


無事に下山♪


雲一つない元旦の朝

金時山から少しずつ見えてくる富士山

日本武尊の東征の道を楽しんだ

里山あるきに感謝


日本武尊の東征は『古事記』中巻に


 『日本の古典をよむ1 古事記』(p.210)に

「足柄の坂本に到りて」と足柄峠が登場

里中満智子『古事記㊦』(p.145)にも

日本武尊が富士山に魅了される場面や

足柄峠で白い鹿に遭遇する場面が登場


この後、弟橘比売を偲んで

「吾妻はや」と嘆いた場面は

2022年9月25日の四阿山

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page